ルームメイトネタバレ感想1巻第4,5,6話【探していた青柳麻美はもうすでにいない】

スポンサードリンク

 

 

 

 

>>無料試し読み<<

 

 

ルームメイトネタバレ感想1巻

第4話

 

 

工藤先輩が言うには

「彼女は自分でも自覚できないままに

娘西村麗子だと思い込んで行動していたんだよ」

 

 

春海が住み始めてひと月で別人みたいになったのは

娘の麗子で生活していくうちに不自然さを感じ

元々の人格麻美に戻ったんじゃないかと推測し

 

 

麻美がもし多重人格だとすれば原因は幼い頃の

トラウマに!!

 

 

 

両親の交通事故は自分で体験していたわけじゃない

多重人格が生まれるにはもっと

生々しく肉体的な恐怖が必要なはず!!

 

 

 

ボブがガレージで何かしていたという証言は

テディベアのマリじゃないかと

 

 

 

青柳麻美の中には

自分の娘のコピーである『麗子』

市松人形がモデルの日本人形『由紀』

ティディベアの泣き虫『マリ』

麻美の他に少なくとも3人の別人格が住みついている

 

 

 

東京に帰る途中に名古屋でおり春海の実家へ

工藤先輩も一緒に!!

 

 

 

>>1つの体に何人入ってるの!<<

ルームメイトを検索してみてください。

 

 

第5話

 

 

工藤も一緒にはるみの実家へ行き

母親は春海が初めて男の人を連れてきたと喜んでいます。

父親はガンで亡くなり、それ以来義理の妹と女3人住まい!

 

 

 

春海には14歳で亡くなったお兄さんがいました。

食事が終わり春海と工藤は亡くなった兄の部屋へ

兄の部屋は亡くなったときのまま

兄は母親の秘蔵っ子で、春海のヒーローだった

 

 

 

スポーツも勉強もなんでも得意で生まれつき頭が良かった

交通事故で亡くなったのは

春海が7歳の時、熱を出し桃の缶詰が食べたいと言った

ばっかりに兄が自転車でスーパーへ買いに行ってくれた

 

 

 

その帰り兄が信号無視で飛び出しダンプカーと・・・

早く食べさせたいと思っていたやさしい兄!!

 

 

 

「私が殺したんです。

私が桃の缶詰なんか欲しいって言ったから」

 

 

第6話

 

 

東京に戻ってきた2人は青柳麻美のマンションへ

工藤はポストに手紙が溜まっていることに

気がつきます。

 

 

 

5階の部屋の呼び鈴を鳴らしていると隣の女性から

「お知り合いの方?

エアコンつけっぱなしで旅行に出掛けちゃった

みたいなんだけど

ベランダの室外機が鳴りっぱなし!!

管理人さんに言って止めてもらっといてよ 」

 

 

 

管理人さんのいる1階まで下りて開けてもらおうと

したら、工藤が春海に「君は1階で待ってろ!」

 

 

 

しばらくすると慌てた管理人さんと工藤がエレベーター

から降りてきた

 

 

 

「人が殺されている!!」

 

 

 

>>まんが王国<<

ルームメイトを検索してみてください

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です