ルームメイトネタバレ感想2巻第13,14話【ICレコーダーに何も入っていなかったと言い切る訳は?】

スポンサードリンク

 

 

 

 

>>無料試し読み<<

 

 

ルームメイトネタバレ感想2巻

第13話

 

 

マリから『録音機』を預かっているコズエは

マリから絶対聞くなと言われているから

英治が聞かせて欲しいと頼んでも「ダメ!!」

「約束したんだもん!絶対誰にも聞かせないって!」

 

 

 

工藤から春海に英治がコズエの所に行って

聞いてきて話の中から同居する別人格の彼女たちを

『ルームメイト』と読んでいたらしい

 

 

 

そしてマリから何かを録音した IC レコーダーを預かっていると

会いに行った時は聞かせてもらえなかったが

今朝になってICレコーダーを送ると電話があったらしい

 

 

 

なかに犯人が誰かを証明できる決定的な内容の音声記録が

入っていれば事件解決も夢じゃない!!

 

 

 

本物の西村麗子にコズエから預かった千羽鶴があるからと電話を

春海からかけてもらって中華料理屋さんで会うことにした

 

 

 

西村麗子は彼の篠沢と

母親の麻美が『多重人格』だったと話し受け入れられないか

と思ったが「むしろ納得できたかもしれない」って

なぜか彼の篠沢の態度がおかしい!!

 

 

 

コズエから送られてきたICレコーダーを聞いた英治は

「そんな!嘘だろ!? この声は!!」

 

 

 

>>ICレコーダーから聞こえた声は<<

ルームメイトを検索してみてください。

 

 

第14話

 

 

春海から工藤に電話がかかりICレコーダーが届いたのか

聞いてみたら

「 届いたけどレコーダーの中には何も入っていなかった

英治は嘘をついている!本当のことが言えない何かが!!

英治の様子もおかしい!!

 

 

 

何度携帯に電話しても出ないし、5回目にしてようやく出たら

言いよどんではっきりしない!

それで直接行って話を聞いてみるから待っててくれと

 

 

 

西村麗子の彼から春海の携帯に英治と電話が全然通じないから

ICレコーダーのことが気になっている様子!!

 

 

 

何も録音されていなかったらしいと伝えると

「どういうことですか!?」

西村麗子が気にしているからと思ってこっそり電話をかけている

と言うが篠沢本人が気になっているように思えます。

 

 

 

英治とは結局次の日も何日経っても連絡が取れない!!

工藤と二人で英治のアパートに行ったらポストには手紙が

山のように溜まっている

 

 

 

あの時と同じ青柳麻美のときと!!

玄関のドアを開けたらむごたらしい姿の英治が!!

 

 

 

>>まんが王国はこちらから<<

ルームメイトを検索してみてください

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です