ルームメイトネタバレ感想3巻第20,21話【殺人事件が見えてきた】

スポンサードリンク

 

 

 

 

>>無料試し読み<<

 

 

ルームメイトネタバレ感想3巻

第20話

 

 

健介はマリに翻弄された結果とはいえ

ロバート・パーカー

マリ

英治従兄 を殺した凶悪な連続殺人の実行犯

 

 

 

マリと春海が出会いさえしなければ

一連の惨劇は起きずに済んだかもしれない

 

 

 

音声データのコピーを警察に届けずに

存在をこのまま握りつぶして消してしまえば

 

 

 

その時英治の声が

「オレもそれで良いかもしれんと思うぜ」

 

 

 

犯人に罪を償わせる方法

「健介を呼び出す!!」

 

 

 

春海に電話をし

「英治従兄の遺言書で

ICレコーダーの音声データのコピーをある場所に隠したって」

 

 

 

箱根にある祖父の別荘に春海も一緒に行くことになり

そこで健介と決着をつけることに

 

 

 

箱根に向かっている電車の中で

春海から『予知夢』の話をしてきた

 

 

 

中学生の時にひっどいいじめっ子の男子がいて

辛くて学校に行けなくなり

そしたらある日いじめっ子の男子が頭を割られて殺されている

夢を見たら男の子が誰かに襲われて死んだ!!

 

 

 

健介はすでに殺人の前科があった!!

 

 

 

別荘に着いたらすぐに

「レコーダーのコピーはどこなんだ?」

 

 

 

「健介か!!」

 

 

 

>>健介には前科が<<

ルームメイトを検索してみてください。

 

 

 

第21話

 

 

「健介だな!?」

「きさま、俺がここにいるのを知っているのか!?」

 

 

 

聞きたいことばかりだが

まずはロバート・パーカー殺しから

 

 

 

マリと一心同体のサミーに日常的にレイプし続け

心をズタズタにした

 

 

 

マリはなぜ殺した!!

オレを愛していなかった

殺人の道具にするために、心を弄んでいた

 

 

 

健介は事故にあった当時の14歳のまま

だからこそ『純粋に』マリの願いを叶えようとしていた

 

 

 

英治従兄はなぜ殺した!!

あそこまで真相に迫られたら殺すしかなかった

 

 

 

コズエに会った時の話で

「あいつが本当に好きなのはアタシじゃないあの小娘のほうなんだ」

 

 

 

あの小娘は春海だ!

マリは嫉妬して「利用しただけ」何て言って傷つけようとしたんだ!

 

 

 

春海と麻美が一緒に暮らすなんてことしなければ

マリと出会うこともなかった!!

 

 

 

「てめーを殺したら!俺は春海とここで心中する!!」

 

 

 

包丁を持っている健介に追い回され逃げ場を失う

追いかけているのは春海ではなく、常軌を逸した化け物のようだ!!

 

 

 

>>まんが王国はこちらから<<

ルームメイトを検索してみてください

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です